たくさんのあなたを乗せて走りたい しずてつジャストライン

SHIZUOKA LIFE静岡で働く、静岡で暮らす

しずてつジャストラインでは
「静岡に戻りたい」「静岡に行きたい」を
叶えた社員がたくさんいます
静岡で生活をはじめる
あなたを応援します

5つのおすすめポイント

温暖ですごしやすい でもかく
雪知らず!

「温暖」というイメージが強い静岡。実際にとても暖かいんです。例えば静岡市の平均気温の最低月は7.6°C、最高月は28.7°C。その差は21.1°Cで、政令指定都市の中でも寒暖差がゆるやかで、すごしやすい街として知られています。年間雪日数はなんとゼロ日!雪の中を運転する機会は滅多にありません。

出典 気象庁「気象統計情報」(2019年度)

帰省もらくらく♪ 東京-静岡間は
新幹線で約時間

日本のほぼ真ん中に位置する静岡。東京駅へは新幹線「ひかり」を使えばたったの1時間で到着します。もちろん新富士、掛川には「こだま」も停まるから、使い勝手も抜群です。また、東名高速道路、新東名高速道路も通っているうえに、富士山静岡空港もあり。帰省も、ご家族の来静も、らくらくできます。

もっと知りたい! 静岡の快適ライフ

医療

例えば静岡市内には、病院が29、診療所が538、歯科診療所が347あります。さらに、平成25年には、夜間に急に身体の調子が悪くなった方への応急処置を行う「急病センター」がオープン。病床数200以上の大規模病院もあるので、いざというときも安心です。

住まい

静岡は、東京に比べると家賃が安いのも魅力。民営賃貸住宅の家賃(3.3m2あたり)を比較すると、東京都区部は8,566円/月、静岡市は4,673円/月。住まいにかかるコストはかなり安くなります。さらに、職種によっては、しずてつジャストラインでは単身寮・借り上げ社宅を用意。
引越し費用補助もあります!

環境

静岡はいわゆる「ちょうどいい街」。
ショッピングやグルメ、カルチャーもふんだんに楽しめる一方、市街から車で少し走れば、山あり、海あり、川ありと自然がいっぱい。静岡は、「仕事はもちろんプライベートも充実させたい」という人にぴったりの環境なんです。

安心して暮らすために 市民を守る防災対策

津波避難タワー・ビルの整備

静岡では、昔から地震や津波の危険が指摘されてきました。だからこそ、各自治体では津波から市民の命を守る津波避難タワーを建設。追加の整備も進んでいます(2019年時点)。また、自治体が定めた要件を満たす公共施設などを「津波避難ビル」に指定しています。

公共建築物の
耐震化率は93.9%

静岡では、公共建築物の耐震対策を進めています。耐震性能については、建築基準法上の基準よりも厳しい、独自の基準を設定しており、公共建築物の耐震化率は93.9%を達成しています(2019年時点)。

次の100年に向かって走る 静岡
ライフラインを支える
「静鉄ブランド」

「静鉄」グループの創業は1919年。
以来、静岡と清水を結ぶ静岡鉄道事業を中核とし、不動産事業やホテル、スーパーなど、多数のビジネスを展開しています。
しずてつジャストラインの設立は2002年。
静鉄グループの一員として、一般路線バス、高速バス、観光バスなどを運行しています。通勤・通学・通院・お買い物などで当社の一般路線バスを利用するお客様は年間約3,200万人。私たちは今までも、そしてこれからも、地域とともに歩み続けます。

UIJターン
静岡
「来た「戻った」
先輩インタビュー

Q.

「静岡で就職しようと
思った理由」は?

入社2年目

静岡はとにかく住みやすいから!雪もなく安定した気候と豊かな自然がお気に入り。

入社2年目

大学進学で静岡を離れ、あらためて静岡県民のあたたかさを知ったから。信号機のない横断歩道で渡る人がいる場合の車両停車率:全国2位(JAF調べ)

入社9年目

生まれ育った静岡で働くことで、静岡に恩返しがしたかったから。

Q.

「その中で静鉄グループを
選んだ理由」は?

入社4年目

静岡という街は全国的に見ても、商業都市として十分賑わっている。
その根幹を支えている企業はどこなのか、調べて行き着きました。

入社3年目

バスを主要な交通手段として利用している方々を見ると、「静岡の移動を支える」という使命を感じられると思ったから。

入社3年目

地図や路線図を見るのが好きで気付いたが、バス路線は静岡をかけ巡る動脈のように街を支えているから。